介護施設紹介予定派遣募集情報

山口県 介護の取り組み

  • 山口県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護の啓発映像や学生配布用のリーフレット作成、SNSを活用した情報発信【基金】

    ⇒●映像の活用、リーフレットを小学校高学年~高校生の全98,000人に配布
    →イメージアップによる将来的な参入促進が図られる。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○地域住民等の介護の理解促進に資する講演やセミナー等への補助【基金】
    ○学校へ出張しての「出前講座」や、小中高生やその保護者、教員等を対象とした「職場体験」の実施【基金】

    ⇒●開催回数5回、訪問48校、受入施設60施設程度
    →介護に対するイメージアップや社会的評価の向上、理解促進が図られる。

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○生活援助や移動支援等の担い手養成研修の実施【基金】

    ⇒●研修修了者350名程度
    →必要な生活支援サービスの確保が図られる。

    その他の「参入促進」の取組

    ○福祉人材センターの機能強化として人材確保アドバイザーを設置【基金】
    ○介護事業所が、所属する初任段階の介護職員(中途採用者等)を「介護職員初任者研修」に受講させるために負担する受講料等を助成。【基金】

    ⇒●入職後のフォローアップやマッチング支援により参入及び定着促進が図られる。
    ●受講料助成による修了者数45人程度
    →他業種からの再就業・定着促進が図られる。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    山口県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○施設毎の実状に応じた派遣型オーダーメイド研修の実施【基金】
    ○喀痰吸引等の「医療的ケア」に係る研修を実施【基金】
    ○介護事業所が、アセッサー講習に受講させるために負担する受講料を補助【基金】
    ○介護支援専門員を対象とした法定研修等の実施【基金】
    ○認知症ケアに携わる人材の育成のための研修を実施【基金】
    ○地域包括ケアシステムに資する人材育成のための研修等を実施【基金】
    介護予防の推進に資するPT,OT,ST指導者育成のための研修を実施【基金】

    ⇒●研修参加述べ人数2,000名程度
    ●研修修了者数160名程度
    ●受講支援人数80名程度
    →介護職員の資質向上が図られる。
    ●介護支援専門員の資質向上が図られる。
    ●人材育成を通じた認知症高齢者への支援強化。
    ●生活支援や介護予防に係る指導者養成及びセンター職員の資質・調整能力向上、地域ケア会議の充実等により、システムの構築が図られる。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○権利擁護人材の養成・活用を進めるため関係機関で構成する協議会を設置【基金】

    ⇒●権利擁護人材確保推進のための連携体制の構築、体制整備の推進が図られる。

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    「山口県介護人材確保対策協議会」の下、関係者による検討会設置に向け、調整中。

    【今後】
    おって設置する検討会において、制度の円滑な導入に向けた調査、検討、制度設計等を行う。

たくさんの介護施設で転職求人の募集があります

人材不足・売り手市場の今だからこそ、希望の転職ができる可能性は高いです。

好条件・高待遇の介護施設での求人募集はやはり人気で、転職サービスの登録者はいち早く情報をキャッチし、適切なサポートを受けながら採用を勝ち取っています。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!

介護施設紹介予定派遣募集情報

介護支援専門員の勤務先

介護支援専門員(ケアマネージャー) とは

【仕事の内容】
本人の希望を交えて、介護サービスの利用方法や種類などをコーディネートするお仕事

①65歳以上の介護が必要だと申請した方の状態を確認し、介護認定を行う
②介護(支援)認定された方に必要な介護を考え、プランを作る
③作成したプランに必要なサービスの連携をとる
④家族やかかりつけ医と連携をとり、ご利用者本人の状態を把握する など

【勤務場所】
居宅・小規模多機能・特別養護老人ホーム(特養)・包括

【必要な資格】
介護支援専門員

介護施設紹介予定派遣募集情報

無資格未経験の方にオススメ

無資格未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

無資格未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。
まずは経験を積むため、適切な資格をとって体育ためと割り切ることも必要になります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ