介護施設紹介予定派遣募集情報

山口県 介護の取り組み

  • 山口県介護の具体的な取組内容(参入促進)

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○介護の啓発映像や学生配布用のリーフレット作成、SNSを活用した情報発信【基金】

    ⇒●映像の活用、リーフレットを小学校高学年~高校生の全98,000人に配布
    →イメージアップによる将来的な参入促進が図られる。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○地域住民等の介護の理解促進に資する講演やセミナー等への補助【基金】
    ○学校へ出張しての「出前講座」や、小中高生やその保護者、教員等を対象とした「職場体験」の実施【基金】

    ⇒●開催回数5回、訪問48校、受入施設60施設程度
    →介護に対するイメージアップや社会的評価の向上、理解促進が図られる。

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○生活援助や移動支援等の担い手養成研修の実施【基金】

    ⇒●研修修了者350名程度
    →必要な生活支援サービスの確保が図られる。

    その他の「参入促進」の取組

    ○福祉人材センターの機能強化として人材確保アドバイザーを設置【基金】
    ○介護事業所が、所属する初任段階の介護職員(中途採用者等)を「介護職員初任者研修」に受講させるために負担する受講料等を助成。【基金】

    ⇒●入職後のフォローアップやマッチング支援により参入及び定着促進が図られる。
    ●受講料助成による修了者数45人程度
    →他業種からの再就業・定着促進が図られる。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    山口県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○施設毎の実状に応じた派遣型オーダーメイド研修の実施【基金】
    ○喀痰吸引等の「医療的ケア」に係る研修を実施【基金】
    ○介護事業所が、アセッサー講習に受講させるために負担する受講料を補助【基金】
    ○介護支援専門員を対象とした法定研修等の実施【基金】
    ○認知症ケアに携わる人材の育成のための研修を実施【基金】
    ○地域包括ケアシステムに資する人材育成のための研修等を実施【基金】
    介護予防の推進に資するPT,OT,ST指導者育成のための研修を実施【基金】

    ⇒●研修参加述べ人数2,000名程度
    ●研修修了者数160名程度
    ●受講支援人数80名程度
    →介護職員の資質向上が図られる。
    ●介護支援専門員の資質向上が図られる。
    ●人材育成を通じた認知症高齢者への支援強化。
    ●生活支援や介護予防に係る指導者養成及びセンター職員の資質・調整能力向上、地域ケア会議の充実等により、システムの構築が図られる。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○権利擁護人材の養成・活用を進めるため関係機関で構成する協議会を設置【基金】

    ⇒●権利擁護人材確保推進のための連携体制の構築、体制整備の推進が図られる。

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    「山口県介護人材確保対策協議会」の下、関係者による検討会設置に向け、調整中。

    【今後】
    おって設置する検討会において、制度の円滑な導入に向けた調査、検討、制度設計等を行う。

介護士の求人情報はコチラで

2050年には世界人口の18%が65歳以上となると予測されている中、日本は世界でも高齢化が進んでいます。

そんな日本に必要なのは、介護士です。

今回はそんな介護士求人の求人情報をお知らせします。

では、介護士とはどんなお仕事でしょうか?

元気で長生きなお年寄りが多いとはいえ、その生活にはサポートが必要な場面も多々あります。また、病気でうまく動けない方もいらっしゃいます。

介護士は、そんなお年寄りや病気な方に素敵に暮らしてもらうためのお仕事です。

肉体的にハードな面もありますが、介護をした方に直接お礼を言われることもあります。

それこそがやりがいと言う人もいます。

介護士には、お年寄りを介護する訪問ヘルパーや、病院に勤務する介護士など勤務形態も様々です。

介護福祉士の資格をとることで、より専門的な知識と技術を身につけることも可能です。

多くの介護福祉施設で、介護士の求人しています。求人情報はコチラで確認してみてください。

介護施設紹介予定派遣募集情報

ケアマネージャー求人激増!

高齢化が広がるにつれ、介護の難題が降りかかるところです。

特に、ケアマネージャーの要望は1年ごとに、想像以上に大きくなっています。

しかしながら、要望に供給がとんと追いつかないのが情況です。

これらの難題は、今まで以上に、深刻に、しかも続くと見込まれており、ケアマネージャーの求人には、各市町村も大きな注目を寄せているところです。

逆に言えば、介護のお仕事を探している方にとっては求人情報がたくさんあり大きなチャンスです。

介護施設紹介予定派遣募集情報

介護の転職・就職を全力でサポートします。

一緒に、面接で話す内容を整理しましょう

【1】再就職にあたって、譲れないことは何でしょうか。(希望・条件)

  • 福利厚生がしっかりしているところがいい。
  • ご主人の扶養内でお仕事したい。
  • 子供が小さいので5時までがいい。
  • 保育園や家から近い方がいい。
など様々だと思います。

【2】次に、介護施設で働く意欲は何でしょうか。(動機・目標・提供できるもの)

  • 研修が充実していて、知識をたくさん学べること。
  • 現場の雰囲気がアットホームでぎすぎすしていないこと。
  • 施設長の介護に対する考え方に共感できること。
  • これからますます必要となる介護について学んで、将来は自分の施設を作りたい。
  • おじいちゃん、おばあちゃんが今まで生きてきた経験にふれて、これからの人生を楽しくするためのサポートがしたい。
  • お給料がいいこと。
  • 経験が積んで、資格が取れるようになりたい。

希望条件・意欲を叶えるパート求人、必ず見つかります。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ