介護施設紹介予定派遣募集情報

鳥取県 介護の取り組み

  • 鳥取県の福祉人材対策

    福祉人材に関しては、高齢者福祉、障がい者福祉及び児童福祉の分野において、介護現場等で働く専門職と地域で生活支援等に携わる人材があります。本欄での記載は、高齢者福祉分野を中心に、介護保険サービスに関するデータを掲載します。

    なお、医師、看護師や理学療法士などの医療職の人材確保は、まずは医療政策としての対策が主体となりますが、これらの医療職を福祉現場に誘導していくことに関しては、福祉人材対策として整理します。

    今後、少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少により、介護人材が不足していくことから介護人材の確保は、団塊の世代が後期高齢者になる平成37(2025)に向け、喫緊かつ社会的要請の強い課題です。

    介護・支援に携わる人材を社会全体として確保する取組を進めていかなければいけません。

    そのためには、介護人材の量的確保とともに、役割分担を進めることが重要であり、現在、国では「介護福祉士」を専門性の高い人材として位置付けるとともに、このほかの「研修等を修了し、一定の水準にある者」、「在宅・施設で働く上で必要となる基本的な知識・技能を有する者」等と人材層を大別し、機能分化が検討されています。

    なお、これら介護専門職には、専門分野のプロとして適正な評価・報酬が得られる仕組みが必要です。

    また、住民ボランティア等が、地域の高齢者を支援することも大切であり、介護専門職等の支援を受けて要支援の方を対象とした地域サロンの運営や介護予防、見守り等に協力していくような取組が想定され、元気な高齢者の活躍の場になることも期待されます。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    鳥取県の福祉人材を巡る現状【介護職員・主に新卒者に対する取組】

    養成施設ルート

    鳥取県では、介護福祉士等修学資金貸付金制度を運用し、介護福祉士等の養成・確保を支援しているほか、雇用施策として進路選択学生支援事業を県社会福祉協議会へ委託するなど、養成校への入学を促しています。

    また、平成25(2013)年度から、高校在学時に修学資金貸付を内定する制度を設け、平成25(2013)年度は4名、平成26(2014)年度は11名に内定を行いました。

    今後も修学資金貸付制度を維持し、使いやすい制度となるよう貸付枠の拡充や制度の改正など改善を進め、介護職を目指す若者を確保していくこととします。

    また、介護福祉士等養成校の卒業者の県内就職について、状況把握に努めることとします。

    高校(福祉系)ルート

    鳥取県内には、3年の教育を修了すれば介護福祉士の国家試験の受験資格を取得できる福祉系高校が1校(境港総合技術高校、学科定員38名)あります。

    また、介護職員初任者研修を実施している高校は、平成25(2013)年度は4校(定員66名)、平成26(2014)年度は5校(定員95名)あります。

    鳥取労働局によると、平成25(2013)年度は、(普通科等卒も含めた)高校新卒者は、医療・福祉分野に87人が就職(求人242人)しています。

    大学ルート

    日本福祉大学等の専門大学だけでなく、大学卒業後、介護職員として介護職場に就職する者も少なくないと考えられますが、統計が無く全貌は不明です。

    県では、後述のとおり「福祉の就職フェア」等を通じ、福祉職場への就職支援を行っています。

この転職で何を重視しますか?

転職活動を進めるにあたり、次の職場のことを考えていきましょう。
あなたが望むこと、譲れない条件などをピックアップしておきましょう。

・年収アップを実現したい
・時給や給料が高いところを探したい
・処遇面で資格や経験も考慮してもらいたい
・自宅から近く通勤時間が短い職場がいい
・土日休みで家族との時間を大切にできる職場がいい
・家庭の事情でお休みも取れる職場がいい
・夜勤のない職種で働きたい
・残業がなく定時で帰れる施設に転職したい
・人間関係の良好な職場で働きたい
・職場の雰囲気がいいところに転職したい
・子育てや介護と両立できる転職がしたい
・経験を活かして責任ある仕事がしたい
・研修制度のしっかりした施設でスキルアップしたい
・働きながら資格を取得したい

現在介護のお仕事をしている方たちの「今の職場を選んだ理由」を前出の調査の結果からご紹介します。

最も多かったのは「やりたい職種・仕事内容」(39.7%)で、「能力や仕事が活かせる」(34.2%)という回答も多く自分がしたい仕事やできる仕事のイメージ、つまり「やりがい」を考えて、現在の職場を選択していることが分かります。

二番目に多かったのは「通勤が便利」(38.1%)で、この回答は特に、女性に多く見られました。
女性の場合は「労働時間、休日、勤務体制が希望に沿う」を選んだ割合も多く、職場を選ぶ上で、働きやすく続けやすいかどうかを重視する傾向がみられます。

介護士やヘルパーと一言で言ってしまうと、同じ仕事に見えるかもしれませんが、実際には、「老人ホーム」なのか、「訪問介護」なのか「デイサービス」なのかで仕事内容は大きく異なります。また、事業者(法人)の考え方によっても変わります。

仕事内容は、やりがいに直接関わってくる部分ですから、しっかり見極めたい点ですね。


介護施設紹介予定派遣募集情報

活躍の場がどんどん広がっている業種です。

高齢化が加速している現在の日本では、老人ホームやディケア、一部のグループホーム等の、介護を必要とする人達は多く、常に介護に携わる人は不足しています。

その中でも介護士は、正式名称を介護福祉士と言い、介護との現場において、介護をする人と、介護される人にとって重要な存在です。

介護福祉士は各地の市町村に存在する、有料の施設や公営の施設において、介護する人を指導するのが主な仕事となります。介護の現場で統括的な仕事をする者となります。

現在介護士求人は大変高く、求人情報は沢山あります。特に、市町村の福祉を扱う部門に籍を置き、在宅で介護支援を求めている方のお宅へ訪問し、どんな介護を必要としているかなどの聞き取りをしたり、聞き取りした内容を検討した上で、実際に介護にあたる人達に伝えたり、指導を行ったりします。

介護士求人や求人情報は市町村だけではなく、民間の介護施設でも多くあり、活躍の場がどんどん広がっている業種です。

介護施設紹介予定派遣募集情報

未経験OKの介護職求人情報

介護のお仕事が未経験や初心者であっても介護施設で働きたいのであれば、今も高待遇の求人情報が届いています。

しかし、あなたの希望どおりの就職や転職を実現するためには、知っておかなければならないことがたくさんあります。

ケアマネージャー・ホームヘルパー・介護士等の介護職の転職は、現場の実情を知らずに応募書類を提出しても、なかなか採用には至らないのが実態です。
ましてや、未経験・初心者で就職を希望する場合には、しっかりとした情報収集と戦略が必要になってきます。

あなたが転職したい介護関連企業や周辺情報に精通した専門家に相談して、この転職・就職を成功させるまで完全無料でサポートしてもらうことをオススメします。

あなたの希望条件に近い就職先を無料で紹介してくれるだけでなく、転職・就職が成功するように必要なアドバイスもしてくれて、あなたが夢を叶えるまで責任を持ってサポートしてくれます。

よりよい職場に就職するために、専門家のアドバイスを受けてみませんか?

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ