介護施設紹介予定派遣募集情報

長野県 介護の取り組み

  • 長野県の高齢者福祉の現状

    1)要介護(要支援)の状況
    (1)要介護(要支援)認定者数の推移
    長野県の要介護認定者数(第1号被保険者)は108,292人(平成26年10月)で、年々増加傾向にあります。また、第1号被保険者に占める要介護(要支援)認定者の割合(認定率)は17.6%となっています。
    長野県の認定率を全国と比較すると、平成19年・20年頃は全国と同程度であったものが、近年は全国より0.4ポイント程度低い水準で推移しています。

    (2)要介護(要支援)認定者の要介護度別分布状況
    要介護度別の分布状況では、全国に比べて要支援の割合は低く、要介護1 ~ 5の割合が高くなっています。

    2)居宅での主な介護者
    居宅での主な介護者は、年齢が65歳以上の割合が半数にまで近づいてきており、老々介護が増えています。
    要介護(要支援)者との関係性では、「子の配偶者」が減少している一方で、「子」は増加傾向にあります。

    3)介護サービスの利用状況
    (1)介護サービスごとの利用者
    本県の介護サービス(予防を含む)の利用者数を見ると、「居宅サービス」が約7割強と最も多く、次いで、「特養」「地域密着型」「老健」の順となっています。平成23年からの増加率を見ると、居宅サービス(11.0%増)、地域密着型サービス(30.0%増)は利用者数が大きく増加していますが、施設サービス(特養、老健、療養型)は6.0%程度の増加となっています。

    (2)居宅サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める居宅サービス利用者の割合を見ると、「訪問介護」のみ全国水準を下回っていますが、それ以外のサービスでは、全国水準を上回っています。

    (3)地域密着型サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める地域密着型サービス利用者の割合では、「地域密着型特定施設入居者生活介護」において全国水準を大きく上回っています。
    逆に「認知症対応型共同生活介護」においてわずかに全国水準を下回っています。

    (4)施設・居住系サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める施設・居住系サービス利用者の割合では、介護福祉施設及び介護保健施設が、全国に比べ利用者が多く、逆に特定施設入居者生活介護がやや少なくなっています。

    (5)介護予防サービス利用者割合
    65歳以上人口に占める介護予防サービス利用者の割合では、「介護予防福祉用具貸与」「介護予防通所介護」において全国水準を上回っていますが、「介護予防訪問介護」では全国水準を大きく下回っています。

    4)介護サービス提供事業者
    介護サービス事業者は、介護保険制度がスタートした当初は4,755事業所(平成12年4月)でしたが、平成23年(4月1日)には7,125事業所、平成26年(4月1日)現在では、7,702事業所がサービスを提供しており、その数は増加しています。

    5)介護サービス及び高齢者福祉サービス基盤
    施設・居住系サービスにおける介護老人福祉施設や特定施設入居者生活介護の整備については、一部の施設において、第5期の整備目標を下回っています。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

たくさんの介護施設で転職求人の募集があります

人材不足・売り手市場の今だからこそ、希望の転職ができる可能性は高いです。

好条件・高待遇の介護施設での求人募集はやはり人気で、転職サービスの登録者はいち早く情報をキャッチし、適切なサポートを受けながら採用を勝ち取っています。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報をご案内中!

介護施設紹介予定派遣募集情報

老人保健施設における介護士求人について

日本は超高齢化社会をむかえており、各都道府県には多くの施設があります。

その中でも代表的な施設が老人保健施設です。介護保険の中核を担う施設であり、各都道府県における高齢者介護に対して大きく貢献をしています。

医療と介護の中間施設ともいわれており、医師や看護師、理学療法士などのリハビリテーション専門職が配置されているのが特徴になります。

もちろん、介護士も必要であり多くの介護士求人があります。

仕事の内容としては利用者の日常生活における介護やレクリエーションの提供などが主な内容になります。

日常生活の介護では食事や排泄、入浴などにおいて利用者が出来ないことを介助します。

その際には出来るだけ本人にがんばってもらうことを意識して行うことが重要です。

利用者本人ががんばることが生活リハビリテーションにつながり、身体機能のレベルアップや生活動作能力の向上につながるからです。

生活リハビリテーションで元気になることで自宅に帰れる人もおり、介護士の仕事をしていてやりがいを感じることができる瞬間です。

現在は介護士が不足していることもあり介護士求人は多くあるため興味がある人は利用してみましょう。

介護施設紹介予定派遣募集情報

介護士・ヘルパーのパート求人情報

小さなお子さんがいたり、介護が必要な両親がいたり・・・。
介護のお仕事と家庭を両立したいけど、ハローワークには両立できるようないい求人があまりないですよね。
あなたにあった介護施設の求人を見つけて、子育てや家のことと両立できる介護施設の求人をご紹介します。


仕事探しの前に、まずやること・・・

心のもやもやを書き出して、すっきりしましょう。

まず、介護のお仕事探しをするまえに、もやもやしていること、ありませんか?
・そもそも仕事をした方がいいのか。進んでしたいのか、それとも仕方なくしないといけないのか。
・介護職と家庭の両立は可能か。
・家族と、労働時間の話し合いはできているか。
・面接の際に話す、「自分の希望・条件」は決まっているか。
・自分が何をやりたくて介護業界を選んだのか。
などなど。これらを明確にしてから就職やパート探しをするのと、しないままするのとでは結果が大きく変わってきます。
お仕事開始までのスピードも何倍も変わります。

当然、明確にした方がやる気も出てきますし、それを感じた面接官や採用者も前向きに受け入れてくれます。

以前の職場をやめた理由はなんでしょうか。

・子供が小さくて夜勤が難しかった。
・家事や家庭のことで時間調整が難しかった。
・パートばかりが重労働で不満があった。
・悪口をいうスタッフがいた。
・資格を活かせなかった。など、様々な理由があると思います。
労働時間や、内容的に、今はパートで働きたい。。
だけど、「パートばかりが重労働をさせられてると感じる・・・」という話も聞きます。


最大の不安 次の介護施設でも同じだったらどうしよう・・・。

また次の転職先も前と同じようなことで悩むことになったら嫌だな・・・。
そんな風に悩んでいませんか?

介護職のニュースや、以前の職場の経験から、「介護職ってこんなものよね」って、思ってしまいがちです。
でもそんなことはありませんよ。

もう一度、あなたにあった介護施設や働き方を探してみましょう。
介護施設といってもたくさんの種類があります。
介護職の資格や仕事内容も様々。

私はいったいどこでどんなことができるのか?
自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ