介護施設紹介予定派遣募集情報

三重県 介護の取り組み

  • 介護・福祉人材の安定的な確保

    福祉人材確保

    (現状と課題)
    (介護・福祉人材の確保等について)
    ○三重県においても本格的な高齢社会を迎え、特に要介護認定率が高くなる75 歳以上高齢者の人口が大きく増加すると推計されており、これに伴い、介護・福祉ニーズは今後さらに拡大していきます。
    これに対応するサービスを支えるのは人材ですが、この間、労働力人口は急激に減少していき、その中で人材を確保していくことが重要な課題となっています。

    ○2010(平成 22)年度介護労働実態調査(全国調査)によると、介護サービス事業者で職員の不足感を持つ事業所は約半数 50.3%(三重はさらに 39.7%)となっており、なかでも訪問介護員では 65.9%が不足と回答しています。
    また、三重県では、介護関連職種の有効求人倍率が全国に比べ高い水準にあります(図3-4-4)。さらに、2011(平成 23)年 10 月の三重県の全業種の有効求人倍率は 0.74%であるのに対して、介護職では 2.12%と高くなっています。

    ○求人と求職のミスマッチを解消するための職業紹介やマッチング支援を行うとともに、福祉系大学・介護福祉士養成校・福祉系高等学校との連携を深め、県内職場での就労定着化、若年者や潜在労働力の発掘、一度離職した有資格者の再就職を促進する必要があります。

    ○地域での福祉サービスに対する理解を深め、新たな福祉マンパワーの育成や潜在マンパワーの掘り起こしを行い、福祉人材の確保を図る必要があります。

    (介護・福祉人材の定着等について)
    ○同じく、2010(平成 22)年度介護労働実態調査によると、現在の仕事を選んだ理由として、「働きがいのある仕事だから」の回答が約 6 割となっており、介護職員の仕事に対する意欲の高さがうかがわれます。

    ○介護現場で働く職員の「今後取りたい資格」をみると、介護支援専門員が28.6%、介護福祉士が22.6%、社会福祉士は8.8%となっており、キャリア・アップの仕組みが必要となっています。

    ○現在の仕事の満足度では、「仕事の内容・やりがい」が52.8%と高い一方、「賃金」「教育訓練・能力開発のあり方」「人事評価・処遇のあり方」では不満足となっています。

    ○介護・福祉人材を安定的に確保していくためには、賃金改善や能力開発への取組みを進め、従業員の満足度をアップさせるとともに、人事評価等キャリアパスの仕組みを定着させ、新規人材も併せ確保していく取り組みが重要となっています。

    ○社会福祉事業は年々多様化・専門化しており、施設の職員にとっても、より広範な福祉の知識と高度な専門的技能が要求されています。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    介護支援専門員の資質向上等

    現状と課題

    ○介護や支援が必要な方が可能な限り住み慣れた地域で、その人らしい、自立した生活を送るためには、多様なサービス主体が連携して支援できるよう、適切にケアマネジメントを行うことが重要です。介護支援専門員はその中心的な役割を担い、介護保険法に基づいてケアプランを作成する専門職です。
    三重県では、介護支援専門員の養成に努めています。

    ○介護支援専門員として業務を行うには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格して一定の研修を受け、介護支援専門員として登録することが必要です。
    2006(平成 18)年4月の介護保険制度改正により、5年ごとの介護支援専門員証の資格更新が義務づけられ、更新のための研修のほか、キャリアに応じた研修制度が創設されました。三重県では、これらの研修の実施主体となり、介護支援専門員の資質向上に必要な研修を養成段階に応じ体系的に実施するとともに、介護支援専門員の資格管理を行っています。

    ○三重県では、2010(平成 22)年度までに 7,814 人が試験に合格し、7,792 人が登録されています。しかしながら、2010(平成 22)年度までの更新対象者 5,346 人の内、更新・登録した者は、約 3,000 人とおおよそ 6 割に止まっています。
    今後、要介護高齢者の増加が予想され、それに対応するためには介護支援専門員の確保が必要な状況となっています。

    ○今後の増加が予想される医療依存度の高い利用者に対して、適切なケアマネジメントのできる介護支援専門員の養成が必要となっています。
    しかしながら、試験合格者の基礎職種別構成割合では、介護職を基礎資格とする介護支援専門員が多く、医療職は少ないという傾向があります。

    ○三重県では、介護支援専門員の各研修について、一定のレベルと統一的・体系的な研修内容を確保するため、介護支援専門員資質向上研修検討委員会を設置(2010(平成 22)年 4 月)し、研修階層に応じた到達目標や指導ポイント等、三重県版の基本指針を 2011(平成 23)年度に策定しました。

    県の取組

    ○介護支援専門員は、介護保険制度の根幹をなす重要な役割を担っており、引き続き必要な人材の養成を行うとともに、体系的な研修の実施により、資質向上に努めます。

    ○介護支援専門員資質向上研修検討委員会で策定した県の基本指針に基づき、研修の企画・立案、研修の実施、評価、その後の研修への反映といったPDCAサイクルを構築し、研修の実効性を確保していきます。

    ○医療ニーズに対応し、医療と介護の連携を実現できる人材を養成するため、医療知識や医療との連携方法など、医療系の研修課目の必須化を図ります。

    ○要介護高齢者等に対し地域で包括的な支援を実現していくため、2014(平成26)年度までに主任介護支援専門員の登録数を 776 人(2011(平成 23)年度末 566 人)とすることを目標に養成していきます。さらに、研修の充実、フォローアップ研修等の実施により介護支援専門員の資質向上を図ります。

介護職へ就職・転職する方。あなたにぴったりの求人情報を探します

介護のお仕事を初めてやってみようと思っている方、また、経験が浅い方、キャリアアップを考えられている方、ともに不安がたくさんあると思います。

最大の不安! それは介護職でいい転職先を見つけられるか!!

介護施設といってもたくさんの種類がありますし、介護職の種類も様々。いったいどこでどんなことができるのか?自分1人で考えていてもなかなか先に進めません。

では、どんな方法で就職や転職活動を進めていったらいいのでしょうか。
ハローワークに行って相談しますか?それも1つの方法だと思います。
ですが、それだけで決めてしまうのはちょっと待ってください。
ハローワークにはない求人情報もあること、ご存じですか?

このサイトでは、そんなあなたに非公開の求人情報を提供するとともに、介護業界への就職・転職の仕方、面接のアドバイスまでサポートしてくれるパートナーを紹介します。

介護施設紹介予定派遣募集情報

ケアマネージャーの求人の割合

全国に様々な種類の老人福祉施設があり、ケアマネージャー求人の割合は多いです。

高齢化社会がさらに進む中でケアマネージャーの需要が高まっています。

過疎地域ほどケアマネージャーの役割と重要性が増してきます。

市町村には、地域包括支援センターが設置されていますのでそこでもケアマネージャーの役割が大きいです。

よく老人福祉施設のなかに併設されている場合があります。

また施設の中に居宅支援事務所をかまえると施設との連携がスムーズになるのでたくさんのメリットがあります。

ケアマネージャーの求人を出すところは、だいたい居宅支援事務所が多いです。

ケアマネージャーは介護を必要な人たちと福祉サービスを結びつけ、介護を必要としている人たちがよりよい日常生活を送れるようにする仕事です。

この人は何に困っていてどうすれば解決するかを常に考え、とてもやりがいのある仕事です。ほか業種よりも求人数は多いですし、仕事に対する充実感が得られると思います。

介護施設紹介予定派遣募集情報

無資格未経験OKの介護職求人募集状況

無資格未経験OKの介護職求人をお探しのあなたに朗報です!
専門資格と経験をお持ちの方の転職はとても有利と言われていますが、介護職員として無資格未経験や初心者の方にもチャンスはたくさんあります。
なぜなら、介護職員には実に多くの職種・就業形態・施設形態があり、常に求められているお仕事だからです。

無資格や未経験での介護職への転職は、とても不安が大きいものではないでしょうか。
介護の現場は経験していくことで仕事を覚えられますので、そこは心配しないでくださいね。
むしろ、最初に職場を決める時がポイントになりますので、じっくりとご自分に合った職場を選ぶようにしましょう。
無資格未経験でも丁寧に指導してくれる介護施設もたくさんありますので、あなたひとりでは見つけられなかった優良施設も「転職支援サイト」のサポートを受ければすぐに見つかると思いますので、おすすめしています。

お近くの介護施設でも多くの未経験OKの求人募集があり、これまでも多くの介護職員未経験・初心者の方が実際に希望の職場を見つけることができています。

介護の仕事の特徴

まず訪問介護ですが、訪問介護ステーションに勤務して働くことになります。

介護が必要な利用者宅へ伺っての介護サービスですね。正社員は夜間勤務(オンコール呼び出し)が入ることもありますが、介護パートは日勤メインで働きやすいですよ。

訪問件数があらかじめ決まっているケースが多く、計画的に仕事がしやすいというメリットもありますね。

次に施設介護ですが、有料老人ホームや特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、サービス付き高齢者向け住宅、ケアハウス、グループホームなどがあります。

また有料老人ホームにも種類があり、住宅型もあれば健康型、介護型もありますね。

施設によって提供するサービスは異なりますが、共通しているのは入浴介助や食事介助です。中には排泄介助を行っている施設もあります。

健康型や生活型の有料老人ホームよりも、介護型有料老人ホーム、特別養護老人ホームの方が排泄介助は多いかもしれません。

他にも、認知症の高齢者が利用する施設なら、徘徊しないように注意する必要があるでしょう。

訪問型よりも夜間勤務が多いと言われる介護施設ですが、やはり介護パートは日勤のみで働きやすいと思います。(詳細は介護求人サイトで確認して下さい)

最後に通所介護ですが、デイサービスやデイケアになりますね。

特にデイサービスの求人募集が多いようですが、デイサービスは比較的元気な高齢者が多いですし、文字通りデイ(日中)のサービス施設になりますので、介護パートでも働きやすいです。

ミニゲームをしたり、歌を歌ったり、外出できる高齢者を連れて近所の喫茶店に行ったり、公園に行くこともあります。利用者ごとに日誌を書いて、家族へメッセージを記すこともあります。

ただしメインサービスとして入浴介助を提供しているデイサービス、デイケアも多いので、体力勝負の仕事と言えるかもしれません。

その他、各介護の詳細に関しては、介護人材紹介会社に確認して下さいね。人材紹介会社は無料で登録できますし、あなたに合った介護の仕事を紹介してもらえる可能性が高いのでおすすめです。


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ