介護施設紹介予定派遣募集情報

茨城県 介護の取り組み

  • 高齢者福祉の変遷と在宅介護の現状

    高齢化の進展と高齢者福祉の変遷
    まず、高齢化の状況と介護保険制度が導入されるまでの高齢者福祉の経緯についてみていく。
    高齢者数は戦後一貫して増加
    全国ベースのデータで、戦後から現在、及び将来の年齢3区分別人口の変化と、現在及び将来の世帯数の推計を確認する。
    65歳以上の高齢者数は、45年の370万人から一貫して増加しており、12年は3,028万人で、総人口に占める割合(高齢化率)も45年の5.1%から23.7%へ上昇している。
    団塊世代が全て65歳以上に達する15年には高齢者数は3,395万人(26.8%)、30年には3,684万人(33.4%)に増加すると予測されている。
    65歳以上の高齢者がいる世帯(高齢者世帯)は、10年は1,568万世帯と全世帯の31.1%を占め、15年には1,802万 世 帯(35.6 %)、30年には1,903万世帯(38.9%)に達すると見込まれる。
    また、高齢者世帯のうち、単独世帯と夫婦のみの世帯の割合が、05年 の62.8 % か ら15年 に は64.4 %、30年には67.6%へ上昇すると予測される。
    単独世帯及び夫婦のみの高齢者世帯数が増加することで、独居老人の見守りや老老介護などの問題が顕在化している。

    高齢者福祉は施設介護から在宅介護へシフト
    1950年代に入ると、戦後の混乱が落ち着くとともに中高年齢層の死亡率が低下し、高齢者福祉対策の必要性が高まった。
    63年、特別養護老人ホームなどの設置を定めた老人福祉法が制定され、高齢者福祉の体系的な整備がはじまった。
    70年代には、ショートステイやデイサービスなど、施設を中心に福祉サービスは徐々に充実していく。
    90年代に入ると、高齢化や核家族化が急速に進展し、家庭内での介護の担い手不足による介護ニーズ増大などから、国は94年に「新ゴールドプラン」を策定し、ヘルパー数や訪問看護ステーションの設置目標などを明示、在宅介護への転換が図られた。
    そして00年には、介護保険制度が導入された。
    新しい社会保険である介護保険制度は、「措置」制度から、利用者と事業者との「契約」となり、利用者は主体的に介護サービスを選択できるようになった。
    以後、在宅介護サービスを中心に民間事業者の参入が進んだ。

    国・県の高齢者福祉の施策
    国及び県における、直近の高齢者施策を整理する。
    国:在宅を中心とする介護サービスの質と量の向上を企図
    国(内閣府)では、本年9月に「高齢社会対策大綱」を策定した。
    介護サービスの充実のため
    ①必要な介護サービスの確保
    ②介護サービスの質の向上
    ③認知症高齢者支援施策の推進の3点を基本的施策に掲げている。
    具体的には、在宅介護を中心とした介護サービスの拡充、在宅医療、訪問看護サービスの利用者数の増加を目標に掲げている。

    県:在宅介護を中心とする地域包括ケアシステムの推進
    茨城県では、本年3月に「いばらき高齢者プラン21」を策定している。
    プランでは、「健康づくり・生きがいづくりの推進」、「利用者本位の介護サービスの充実」、「認知症への対応と高齢者の尊厳の保持」、「地域包括ケア体制の推進」の4点を施策の柱に掲げている。
    県は、茨城型地域包括ケアシステム(保健・医療・福祉の関係機関やボランティア、近隣住民等が連携し高齢者をケアする仕組み)の確立に向け、市町村毎に関係者間のネットワーク構築の支援を図っている。
    具体的には、介護職員数や認知症サポーターの増加、見守りネットワーク構築市町村の増加などを数値目標に掲げ、啓発事業やフォーラムの開催を通じて高齢者が地域で暮らし続けることのできる環境づくりを目指している。

    最新の介護保険制度の概要・改正
    ここで、介護保険の対象者など介護保険制度の概要と、本年度の制度改正について確認する。
    被保険者を2種類に区分
    介護保険制度は、40歳以上を被保険者とし、65歳以上の第1号被保険者と40歳以上65歳未満の第2号被保険者で区分され、それぞれ保険料負担や賦課・徴収方法が異なっている。
    介護サービスの利用者は利用料の1割を負担し、残りの9割は税金と保険料から支給される。限度額を超えた場合、その費用については全額自己負担となる。

    3種類に分かれる介護保険サービス
    介護保険サービスは大きく居宅介護サービスと、施設サービス、地域密着型サービスの3種類に分類することができる。
    居宅介護サービスは、訪問介護やデイサービス、ショートステイなどの訪問や通所、宿泊のサービスを指す。
    施設サービスは、介護老人福祉施設、介護老人保健施設など施設に入所して受けるサービスを指す。
    地域密着型サービスは、認知症の人や中・重度の要介護認定者が身近な地域での生活を継続することができるように、市町村が主体となって提供される介護サービスを指す。

    介護保険制度改正により在宅介護サービスが強化
    高齢化の進展に伴い、要支援・要介護認定者数が大幅に増加している。
    茨城県では、要支援・要介護認定者数は00年度の4万人から、10年度には9万人に倍増している。
    介護度別にみると、軽度(要支援1~要介護1)の認定者数は05年以降横ばいとなる一方、高齢期の長期化(75歳以上の人口増加等)を要因に、中・重度(要介護2~5)の認定者数は増加傾向にある。

    12年度改正で新たなサービスが創設
    介護給付費用など財政負担が重くなるなかで、国は本年4月に介護保険制度を改正した。
    改正のポイントとして、在宅介護への一段のシフトを挙げることができる。
    具体的には、新たなサービスとして24時間対応定期巡回・随時対応型サービスと複合型サービスを創設し、介護と看護の連携の強化を図っている。
    また、介護予防や配食・見守り等の生活支援サービスについても、市町村の判断で提供が可能となっている。
    これを受けて12年4月の介護報酬改定では、在宅介護サービスは1.0%のプラス改定となった(施設は0.2%のプラス)。
    個別にみると、訪問看護などの単価が増額された一方、デイサービスや訪問介護などの既存サービスについては単価が減額となっている。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    国を挙げてバックアップ

    高齢化が進む日本は介護施設・介護職員の重要性が日に日に増しています。
    今迄のような介護職は「キツイ」「汚い」などのイメージを払拭する為に、国や各県市町村も改善の取り組みを加速化しています。
    介護のライセンスをお持ちの方以外にもキャリアアップ制度を授けるなどして介護の充実を促進しています。
    介護職・介護施設には多種多様なサービスがあります。
    是非、あなたのライフスタイルに合わせて就職を考えてみたらいかがでしょうか。
    介護職は今後も安定した職業である事、行政が先導して充実を促進する分野です。

条件のいい高待遇の介護職求人情報

介護施設への転職は、現在売り手市場と言われています。
条件のいい高待遇の介護職求人情報は、非公開求人となっていることがほとんどです。

案件の数も非常に多く、

・正社員
・契約社員・パート/その他

といった雇用形態

・機能訓練指導員
・管理職・サービス提供者
・生活相談員
・ケアマネージャー
・ヘルパー
・家事代行スタッフ
・管理栄養士
・医療事務
・介護事務
・送迎ドライバー
・看護師

などの職種や、

・ヘルパー2級
・ヘルパー1級
・介護職員基礎研修
・介護職員初任者研修
・実務者研修
・介護福祉士
・介護支援専門員
・社会福祉士
・社会福祉主事任用
・精神保健福祉士
・理学療法士
・作業療法士
・言語聴覚士
・看護師
・准看護師
・柔道整復師
・あん摩マッサージ指圧師
・介護事務
・医療事務
・その他・無資格

などの各種資格

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

などの各種サービス形態、

といった様々な軸を基準に、あなたのご希望にあった職場の求人情報を探すことができます。

また、求人情報も、ハローワークなどの紙媒体に比べ、充実した内容を掲載しており、転職先を決めるにあたって、給与や勤務条件などの表面的な要素のみならず、 その職場で働くスタッフの声や、実際の職場風景写真など様々な要素を元に、ご検討することが可能となっております。

介護施設紹介予定派遣募集情報

介護施設によるホームヘルパー求人について

全国的にホームヘルパー求人については、求人が多いものの、応募者がとても少ないという状況になっています。

各施設ごとに、ホームヘルパーの求人を行っているものの、実際に応募をされる人は募集よりも少ない、募集に満たないという場合が多く、売り手市場の状態です。

また、介護施設のホームヘルパーさんについても、年齢のために辞める人が増えている一方で、若い世代の人では「厳しい仕事である」という理由などから、早期に退職をする人もおり、働き手が少ない状態となっています。

肉体労働的な部分も多いため、また給与などがなかなかあがらないなどの現状から、このように就職で希望をする人があまりいない状態となってしまっています。

一方で、家事や育児を終えた人が、もう一度就職を決める際にホームヘルパー求人に応募するケースも多々あります。

現状では国の取り組みによって、労働環境・給与など条件が良くなって来ています。

キャリアアップも含め今後、期待できる職業と言えます。

介護施設紹介予定派遣募集情報

パート勤務するメリット

  • ご主人や子供と向き合う時間を持てる!

    お母さんは家庭の太陽でなければなりません。ご主人も子供も、外では気を使い、責任感を果たしてくたくたになって帰ってきます。家庭が充電場所になっていることが大事です。
  • 子供の成長に合わせて、労働時間を変えられる!

    子供が大きくなると、お仕事できる時間が変わってきます。土日も部活や塾に行き始めると、その間お仕事できるかもしれませんね。
    もっと大きくなると、お母さんがお仕事に行っててもちゃんとお留守番ができるようになります。そうなると、パート勤務ではなくて正社員としてお仕事できるようになるかもしれません。
    その時は、パート勤務で培った経験や知識を活かしてキャリアアップが図れます。
    今はそのための準備期間でもあります。


    ただ、ご自分の生活スタイル、働ける時間、お給料、福利厚生、キャリアアップ、などを多角的・総合的に見る目を持っているのは、転職のプロです。
    自分1人で、多角的・総合的に検討するのは困難です。
    プロの力を借りて、スピーディにパート勤務をスタートさせるのがおすすめです。

    介護の現場の特徴

    介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
    例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
    大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
    そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

    自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
    医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

    今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


    介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

    他の介護施設を見る!

  • このページの先頭へ