介護施設紹介予定派遣募集情報

福井県 介護の取り組み

  • 福井県介護の具体的な取組内容(労働環境の改善)

    雇用管理改善の推進(介護ロボット導入支援やICTの活用 等)

    ・処遇改善や人材育成に取組む事業所や取組方法がわからない事業所に対して、中小企業診断士や社会保険労務士などの専門家を派遣し、経営改善計画の策定や人事評価システムの導入支援などの助言指導を行う。【基金】
    ・県福祉人材センターにコーディネーターを配置し、個々の求職者にふさわしい職場を開拓するとともに、働きやすい職場づくりに向けた助言・指導を行い、円滑な人材の確保・定着を支援する。【基金】
    ・ 利用者の状態を改善させた事業所の中で、特に優秀な事業所に対して交付金を支給するとともに、効果が認められた事業所の取組み事例を他の事業所にも広く周知し普及させることで、管理者はより効果的、効率的なケアの実践と従事者に対する教育をすすめ、職場環境の改善につなげる。【基金】

    ⇒・離職率の低下や、賃金改善、人材育成体制の整備を促進し、介護職員が安心して長く働き続けることのできる環境整備を進めていく。

    その他の「労働環境・処遇の改善」の取組

    ・介護従事者の給与実態調査を継続して行い、調査結果に基づき作成した勤続年数ごとの平均賃金の指標等を活用し、指導監査や実地調査の際に給与の引き上げなどを助言することにより、県内介護従事者の給与水準の向上を目指す。
    ・介護報酬が拡充された処遇改善加算制度が給与水準の改善に確実に結びつくよう、事業所に対し、制度の適切な活用を指導する。

    ⇒・離職率の低下や、賃金改善、人材育成体制の整備を促進し、介護職員が安心して長く働き続けることのできる環境整備を進めていく。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    福井県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ・介護実習・普及センターによる介護職員対象の研修を実施するとともに、外部研修を受講することが困難な事業所に対して講師を派遣し、介護職員の資質向上を図る。【基金】
    ・経営者や管理者を対象とした、雇用管理や人材マネジメントをテーマとしたセミナーを開催する。【基金】
    ・認知症ケア人材の育成のため、医師や介護職員を対象とした研修を開催する。 【基金】
    ・たん吸引業務の研修を行う登録研修機関の登録を促し、介護職員等が研修を受講する機会を確保する。

    ⇒・介護職員の資質向上のための研修機会を確保する。
    ・各事業所の管理者等の人事マネジメントに関する知識や理解の促進を図る。
    ・医療的ケアや認知症ケアを適切に実施することのできる人材を育成する。

    今後議論を想定している議案

    ・人材確保対策、介護職のイメージアップ、外国人介護人材の活用についての検討
    ・給与実態調査、従事者実態調査、外国人介護人材雇用状況調査の分析や活用方法の検討。
    ・人材育成事業所宣言制度の創設、運用について

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    ・平成26年度中に、人材育成に取組む事業所が「ふくい県介護人材育成事業所」として宣言し、各事業所に関する情報や取組みについて発信していく制度の創設について協議会で議論した。

    【今後】
    ・8月に協議会を開催し、制度を創設。9月に制度の運用を開始。
    ・以後は、宣言事業所の運用方法について検討を継続するとともに、認証評価制度についても検討していく。

介護業界への転職・就職を決めた理由は?

まず、あなたの気持ちを整理しましょう。
介護業界への転職を決めた理由はなんでしょうか。それが新しい転職先を探すための大事なポイントになります。

「仕事へのやりがい」これが理由の方がたくさんいらっしゃると思います。



財団法人介護労働安定センターが実施した、平成 22年度の「事業所における介護労働実態調査」、「介護労働者の就業実態と就業意識調査」では、介護職への就職を決めた理由として、「働き甲斐のある仕事だと思ったから」という理由が一番多くあがっています。

また、現在の仕事の満足度アンケートでは「仕事の内容・やりがい」が 52.8% で1番多くなっています。「人や社会の役に立ちたいから」、「お年寄りが好きだから」も多い回答でした。

介護の道へ進む方は、「仕事内容とそのやりがい」が重要で、「それが人の役に立っていることが喜び」という優しさと愛情を持った方が多いですね。

介護施設紹介予定派遣募集情報

福祉用具専門相談員の仕事内容

福祉用具専門相談員 とは

【仕事の内容】
日常的かつ恒常的に使用する用具や、訓練のための用具、装着具についての相談(助言)やコーディネートを行うお仕事

①車いす、特殊ベッドなど、ご利用者ご本人の生活スタイルや住環境に合わせて最適な用具を選ぶための相談に乗り、アドバイスを行う
②用具の使い方、メンテナンスの仕方などのアドバイスを行う
③福祉用具購入やレンタルの際の助成書類作成補助 など

【勤務場所】
居宅・福祉用具販売店・介護老人保健施設(老健)など

【必要な資格】
介護福祉士・社会福祉士・義肢装具士・保健師・看護師・OT・PT・福祉用具専門相談員講習修了者 など

介護施設紹介予定派遣募集情報

未経験でも雇用をしてもらえるのか?

人の役に立ちたい仕事に就きたいと考えている方は、介護士の仕事を候補にする方も多いと思います。

介護の仕事は、ニュースや新聞などでも連日のように報道されていることからお分かりのように、人手が足りないところが多く介護士の求人も沢山あります。

介護の仕事と言っても、実は幅が非常に広く勤務場所などもさまざまです。

例えば、老人介護施設といって、高齢者の方を24時間お世話しているところであったり、介護を必要とされる自宅に出向いて、家事などのお手伝いをする訪問介護の仕事、昼間だけ高齢者の方をお預かりして、入浴などのサービスを行うデイサービスなどです。

未経験でも雇用をしてもらえるのか、資格がなくても働けるのか、求人情報を掲載しています。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ