介護施設紹介予定派遣募集情報

千葉県 介護の取り組み

  • 千葉県全体を対象にした取組み

    福祉・介護人材の確保に向けた取組み

    (1)千葉県福祉人材センター外部サイトへのリンク(実施主体:(福)千葉県社会福祉協議会)
    JR千葉駅近くに千葉県福祉人材センターを設置し、求人票の閲覧、求職登録、紹介状の発行、就職に関する相談を行っています。
    (2)福祉・介護人材参入促進事業
    介護福祉士等の養成校の教員が、学校等を訪問し福祉・介護の魅力を伝えたり、地域住民の方に対する福祉・介護に関する地域イベントや説明会を開催します。
    (3)職場体験事業
    福祉・介護の仕事に関心の有る方に、職場体験の機会を提供します。
    (4)介護福祉士等修学資金貸付事業
    福祉・介護の現場における人材確保に向け、社会福祉士及び介護福祉士養成施設に通う方に対し修学資金の貸付を行っています。
    (5)離職者等委託訓練
    離転職者等の就職を促進するため、職業能力の開発を必要とされる方に、専修学校等の民間教育訓練機関に委託した多様な職業訓練を実施しています。

    福祉・介護人材の定着に向けた取組み

    (1)福祉・介護人材定着支援事業(メンタルヘルスサポート事業)
    アドバイザーが、介護職員等の抱える業務上の悩みなどに対し、アドバイスや適切な窓口の紹介等を行います。
    地域における取組み
    千葉県では地域の実情にあった福祉・介護人材の確保・定着対策を効果的に実施するため、県内を12の地域に区分し、市町村をはじめ、社会福祉施設・事業所、教育機関等で構成する「千葉県福祉人材確保・定着地域推進協議会」を設置しています。
    各地域推進協議会では検討を行い、各種の事業を展開しています。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    人材の育成

    一般の方や学生などに介護等に対する仕事のやりがいや魅力について理解を促進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(3)「介護等の職場のイメージアップ」を踏まえ、イメージアップを促進し、介護職のやりがいや魅力について理解促進を図ります。

    ≪対応する取組≫ (※括弧内は主な担当課等を示したものです。以下同じ)
    ○福祉人材の確保に向けた広報・啓発 (健康福祉指導課)
    福祉人材センターにおいて、ポスターや各種啓発用パンフレットの作成・配布等、福祉人材確保に向けた広報・啓発を行います。

    ○福祉・介護人材参入促進事業 (健康福祉指導課)
    小学生から大学生や主婦等一般の方を対象に、福祉・介護等の仕事の魅力を伝えるため介護体験やセミナー等を実施する事業者等を支援します。

    ○福祉人材確保・定着フォーラムの開催 (健康福祉指導課)
    福祉介護の現場から学生や県民に向けて仕事のやりがいや魅力等を伝えるために福祉人材確保・定着フォーラムを開催します。

    地域の助け合い意識の啓発や、福祉の心を育てる福祉教育を推進する

    ≪課題への対応≫
    課題1-(5)「将来の土壌づくりとなる事業の推進」を踏まえ、福祉教育等の充実を図り、人材の育成・確保に努めます。

    ≪対応する取組≫
    ○福祉教育推進校の指定 (健康福祉指導課)
    学校や地域を通じて体系的・継続的に福祉教育を推進するために、引き続き福祉教育推進校の指定を行います。

    ○県立高校に福祉教育拠点校を設置 (県立学校改革推進課)
    松戸向陽高校を福祉教育の拠点校とし、県内福祉関係コース等の設置校とのネットワークを構築し、福祉に関する知識や技術の習得等の集積などにより、福祉教育のレベルアップを図ります。

    ○県立高校に福祉関係のコース等を設置 (県立学校改革推進課)
    地域や時代のニーズ、地域バランス等を踏まえ、生徒の地元への就職や地域の活性化を考慮し、福祉関係のコース等を設置します。

    介護福祉士や介護職員初任者研修等の資格取得への支援を充実させる

    ≪課題への対応≫
    課題2-(2)「制度改革への対応」を踏まえ、介護関係資格の取得支援制度等を充実させ、人材の育成を図ります。

    ≪対応する取組≫
    ○介護福祉士試験の実務者研修や介護職員初任者研修 (健康福祉指導課)
    介護福祉士試験の受験要件となる実務者研修や介護職員初任者研修など介護職員等の資格取得の研修が適正に実施されるよう事業者等に情報提供等を行います。

    ○喀痰吸引等の研修 (健康福祉指導課)
    介護職員等によるたんの吸引や経管栄養といった行為(喀痰吸引等)の実施に向け研修を行います。

    ○介護福祉士等修学資金貸付事業 (健康福祉指導課)
    若い人材の福祉・介護分野への参入を促進するために入学準備金や学費など修学資金を貸し付けます。

    ○外国人介護福祉士候補者受入施設学習支援事業 (健康福祉指導課)
    経済連携協定に基づき外国人介護福祉士候補者を受け入れている施設が行う日本語教育等の経費について支援を行います。

    ○受刑者の資格取得の支援 (健康福祉指導課)
    受刑者に対し介護職員初任者研修等の研修を行うことにより資格を取得させ、出所後の福祉・介護分野への就労促進を図ります。

介護施設転職情報の詳細はコチラ

介護サービスへの転職は、間違いなく売り手市場です!

条件のいい高待遇の介護士転職求人は、非公開求人となっていることがほとんどです。

カンタンな登録で、非公開求人を含めた高待遇の求人情報を随時案内してくれる「転職サポート」は、介護士の3人に1人が登録済という人気転職サイトです。

介護施設への転職については、1施設ごとの求人数が多いわけではありませんから、募集のタイミングでうまく情報をキャッチすることが希望の介護施設への転職には欠かせません。

介護施設への転職を希望されているのであれば、まず「転職サポートサイト」に登録して、転職に有利になる様々な情報を入手しておいてくださいね。



介護施設転職情報の詳細はコチラ


職種によって仕事の内容が異なるのはもちろんですが、どのような施設で働くかによっても業務は違ってきます。主な施設の種類は以下になります。

・特養(介護老人福祉施設/特別養護老人ホーム)
・老健(介護老人保健施設)
・グループホーム(認知症対応型共同生活介護事業所)
・ケアハウス(介護利用型軽費老人ホーム)
・ケアホーム(障がい者共同生活介護事業所)
・有料老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)
・サービス付き住宅(サービス付き高齢者向け住宅)
・訪問/ホームヘルプ(訪問介護サービス)
・ショート/SS(ショートステイ/短期入所生活介護)
・デイ/通所(デイサービス/通所介護事業所)
・地域密着型サービス/小規模(小規模多機能型居宅介護)
・訪問入浴/巡回入浴(訪問サービス)

介護施設転職情報をこまめにチェックして、希望の転職を実現していきましょう!


介護施設紹介予定派遣募集情報

管理栄養士・栄養士の勤務先

管理栄養士・栄養士 とは

【仕事の内容】
利用(入居)者の食事に関する全てのコーディネートを行うお仕事

①利用(入居)者の食事管理、栄養指導を行う (病気の治療、健康回復ではなく、維持管理が主)
②個別の体調や、食べる力(能力・量)を確認し、各自に合った献立や調理法の決定
③スタッフへの指導(水分摂取、栄養管理など)
④給食業者、調理者の業務管理(含助言) など

【勤務場所】
特別養護老人ホーム(特養)・介護老人保健施設(老健)・ショートステイ(SS)・デイサービス(デイ)・介護付き有料老人ホーム(有料) など

【必要な資格】
管理栄養士(国家資格)・栄養士(厚労省認定資格)

介護施設紹介予定派遣募集情報

パートで介護職につくメリット

  • 介護の知識が身に付く!

    今後は、親の介護もしないといけなくなります。その時に必要な知識や技術を身につけることができるのは嬉しいですね。
    例えば、認知症予防や、対応など、知らないと精神的苦痛や負担が大きくなりがちです。暴れや徘徊の知識があっても、「本人の性格が変わった」のではなく「病気によるものであって、本心ではない」と分かり、親や自分を責めなくていいと気づくことで、日々の精神状態が大きく変わり穏やかに過ごせます。

  • 人生の先輩から学ぶことがたくさんある!

    利用者さんたちが今まで生きてきた価値を考えながら仕事をすることで、自分の生き方の気づきがたくさん得られます。仕事にとりくんでいる時間は、できるかぎりの笑顔と福祉の気持ちで、自分のベストを尽くす。そうすると、たくさんの学びが見つかります。

  • 経験を積むことで、キャリアアップが目指せる!

    まずは介護職員初任者研修の資格をとって、働きながら「介護福祉士実務者研修→介護福祉士」とステップアップしようと考えている人が多いようです。
    厚生労働省今後のキャリアパスに沿って働いて、お子さんが大きくなったときに資格が取れるように準備をするのもおすすめです。
せっかくですから、長い目で見て自分のキャリアアップにつながるような施設でパート勤務したいですよね。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ