介護施設紹介予定派遣募集情報

愛知県 介護の取り組み

  • 愛知県介護の具体的な取組内容(参入促進 )

    介護の3つの魅力(楽しさ・深さ・広さ)の情報発信によるイメージアップ

    ○ 地域住民等に対して、介護の仕事の魅力・やりがいを普及啓発するため、市町村や介護分野の専門性を有する団体等が実施するセミナー、講習会、イベントに要する経費を補助する。【基金】
    ○ 福祉職への就職を希望する者、潜在的有資格者、学生、他分野の離職者等を対象とし、実際に就職先候補としている分野等で職場体験を行う。(委託)【基金】

    ⇒○セミナー等を通じて介護職に対するマイナスイメージを解消することにより、参入を促進させる。
    ○職場体験者のうち約15%の者が入職することで、介護人材の確保を行うとともに、求職者と求人者の間のミスマッチを防ぎ、短期間での離職率を減らす。

    高校教師・親の理解促進、地域志向型の若者の掘り起こしの強化

    ○ 高校生・資格取得見込者に対して、実際の福祉の現場を見学する機会を提供する。(委託)【基金】
    ○ 福祉職に関心のある教育機関や福祉関係養成校等を対象に、対象者が希望する会場へ講師が出張してセミナーを開催する(委託)【基金】

    ⇒○15の施設で見学を実施することにより、介護職を進路選択の一つと考えてもらい、介護職への参入を促進し、将来に向けて介護人材の確保を図る。
    ○福祉関係養成校の学生が福祉に関心のあるうちに計5回のセミナーを実施することで、他業種への人材の流出を減らす。

    中高年齢者の地域ボランティア参画等の促進

    ○ 認知症の人の生活及び社会参加支援を行うボランティアに対して、活動の基礎となる教育研修を実施し、活動支援・アドバイスを行う。【基金】

    ⇒○認知症の人とその家族への支援を実践できるボランティアを100名養成する。

    その他の「参入促進」の取組

    ○ 県内の複数地域に配置されたキャリア支援専門員が県内の介護事業所等を巡回し、経営者や人事担当者等との面接・相談を通じ、求職者と求人者のマッチングを行う。(委託)【基金】
    ○ 認知症高齢者を介護する家族への理解を深めるために、地域住民や専門職等を対象とした介護体験発表会を開催する(委託)【基金】

    ⇒○5名のキャリア支援専門員を配置し、きめ細かいマッチングを行うことにより、50名の就職が期待できる。
    ○500名の認知症介護への理解を促進する。

    介護施設紹介予定派遣募集情報

    愛知県介護の具体的な取組内容(資質の向上)

    マネジメントや医療的ケア・認知症ケアなどの研修の受講支援

    ○ 喀痰吸引等業務を行う介護職員等を養成するため、指導者向けの研修を実施する。【基金】
    ○ 医療従事者を対象とした認知症対応力向上研修及び認知症受入れ体制づくりのための病院個別指導を実施(政令市が同研修を実施する場合は経費を補助)する。【基金】

    ⇒○喀痰吸引等研修を行う指導者(医師・看護師等)を600名養成する。
    ○医療従事者の認知症対応力1,000名の向上。認知症患者の受入体制づくり病院16か所の促進。

    その他の「資質の向上」の取組

    ○ 主に心身機能の回復リハビリを職務としている専門職に対し、高齢者の生活行為の回復を目的とした研修を行う。(委託)【基金】
    ○ 権利擁護人材の養成研修及び支援体制の整備に必要な経費を補助する。【基金】

    ⇒○地域リハビリへの理解が進んだリハビリ専門職900名を養成する。
    ○市民後見人60名を養成する。

    人材育成に取り組む事業所の認証評価制度の検討状況

    【現状】
    優良な事業所を評価する評価基準を検討している。

    【今後】
    ・介護人材育成に取り組む事業所の中から、優良の事業所を評価する評価基準を10月までに策定
    ・介護人材育成に取り組んでいる事業所を募集(11月~12月)
    ・優良事業所の審査・認定(1月~2月)
    ・優良事業所への認定証交付(3月)

介護職員とケアマネージャーの確保

少子高齢化社会が問題とされている現在ですが、それに伴い介護に対する問題も増えてきています。

夫婦共働きの家庭が増える中で、家にご老人を1人で置いておくというのは不安が残りますよね。

1人暮らしの老人も増え、孤独死などの問題も増えてきています。

そうした問題が増えてくる中、各都道府県では介護施設を多く建設しています。

介護職員の人材不足も叫ばれていますが、ケアマネージャーの求人も施設の増加に伴い増えていっています。

施設が増えるのはいいことなのですが、介護職員はもちろん、その利用の架け橋となるケアマネージャーも必要とされています。

介護福祉施設では介護職員の求人と並行し、ケアマネージャー求人にも力を入れているわけです。

これから高齢化がますます進む中、介護福祉施設の増設だけでなく、介護職員、ケアマネージャーの確保とまだまだ課題が残されているようです。

逆をいえば、その方面の仕事を目指している方には、今後活躍の場が増えるということになります。

この機会に介護員、ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。

介護施設紹介予定派遣募集情報

ケアマネジャー(介護支援専門員)のお仕事

ホームヘルパー、施設介護職、ケアマネジャー、生活相談員など、介護・福祉に関する職種はさまざまあります。職種によって仕事内容が異なりますが、意外と曖昧な理解のまま過ごしてしまっていることも多いようです。
同じ施設で働く仲間がどんな仕事をしているのかを知っておくことで、よりスムーズに業務が進みます。
それぞれ職種によって必要な資格も異なりますので、介護・福祉の主な職種をご紹介します。

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは、正式には「介護支援専門員」といいます。

専門的な立場から、「ケアを受ける側」と「ケアを提供する事業者」の間に立ち、個々のケースを理解しつつ諸事情を検討した上で、ケアプランの作成を行います。

事業者によるサービスが適切に提供されているかなども定期的に検証し、必要に応じて見直しを行うなど、いわば介護のコーディネーター的な役割です。

専門知識の他に、簡単な文章や表が作れるようなパソコンのスキル、さらにはご自宅や施設などを訪問する機会が多いので運転免許があれば望ましいです。

介護支援専門員(ケアマネジャー)の資格を取得するためには、介護福祉士、社会福祉士、精神保健福祉士、医師、保健師、看護師、作業・理学療法士等の業務従事者、もしくは介護業務従事者として指定日数従事した人が介護保険、保健医療、福祉分野の受講試験に合格して実務研修終了した後に、都道府県から資格登録されてはじめてなることができます。

介護施設紹介予定派遣募集情報

未経験でもオススメなワケ!

未経験なら非正規雇用もオススメなワケ!

未経験であればいきなり正社員からではなく、非正規雇用からはじめるのも手です。

特に派遣は未経験の方なら時給も高待遇ですし、なにより派遣会社に相談できたり交渉してもらえたりとサポートが受けられるのでおすすめです。

特別養護老人ホームなどでも非正規雇用で勤めていれば、夜勤をさせる施設はほとんどありません。

夜勤は慣れていないと、思ったより精神的にも体力的にも負担が大きいものです。
ただえさえ未経験で仕事に慣れていないのにさらに夜勤が入ってくると最初はかなり辛いと思います。
ただ給与はもちろん正社員よりも少ないので、そこは念頭に置いておきましょう。

介護の現場の特徴

介護の現場の特徴に、医師と看護師のように明確に役割が分れていない場合が多い。という点があります。
例えば所長が入浴介助をする、管理者がケアのコマ入るということも多いでしょう。
大切なのは“なぜそうしているのか”を理解すること!
そうでないと「現場だけでも大変なのに、色んなことが増えるのはムリ!」とマイナス思考になってしまいます。

自分の仕事を一生懸命やろうとすると、視野を広く保つのは難しいですが、長期的なキャリア形成のためには早くから職種の役割を理解し、チーム力を身に付けたいですね。
医療の現場と異なり“完治”“快復”というゴールがない分、深く関われば関わるほどに「もっと何かできないか」と探したくなります。

今はまだ先のことが考えられない・・・という方も、将来を見据え、自分に向いていそうな役割を探して挑戦していきませんか?


介護施設紹介予定派遣募集地域別情報

他の介護施設を見る!

このページの先頭へ